深谷で注文住宅を建てるなら おすすめの会社を紹介 » 住宅購入にまつわるお金の話@深谷編 » 補助金・助成制度

補助金・助成制度

ここ数年で深谷市に引っ越した、あるいはこれから引っ越す予定の方向けに、深谷市で受けられる補助金・助成金制度をご紹介します。

深谷市で受けられる
主な補助金・助成金制度

三世帯同居・近居の
引っ越し支援制度

出産予定~小学生未満のお子さんがいる家庭で、かつ深谷市に住んでいる親御さんと同居(または同じ小学校区に引っ越し)する場合、引っ越し費用の半額を補助してもらえる制度です。

上限は、市内での引っ越しの場合は5万円まで、市外からの引っ越しの場合は10万円とされています。

申請手続きは、住民票を異動する前日までに、申請書を担当課に持参・郵送する形で行います。

住宅用省エネ設備
設置費用補助金

ソーラーパネルなどのクリーンエネルギー設備を住宅に設置する場合に、補助金を交付してもらえる制度です。交付金は、1基につき6万円とされています。この制度を深谷市で利用する場合、対象となる設備は、下記の通りです。

  • 最大出力10キロワット未満の太陽光発電システム
  • エネファーム
  • エコウィル
  • 太陽熱利用システム
  • 地中熱利用システム
  • 定置用リチウムイオン蓄電池
  • 電気自動車等充給電設備

申請手続きは、岡部総合支所1階にある環境課へ書類を持参・郵送する形で行います。

こども医療費

0~18歳の被扶養児童を対象に、入院費・通院費などの医療費の一部を負担してもらえる助成制度です。

申請は、出生(または転入)の翌日から15日以内に、必要書類を深谷市役所のこども青少年課に提出する形で行います。

深谷市産後ケア事業

新生児とお母さんの生活リズムを作ること、育児への不安軽減などを目的として、母子で医療機関や助産所などを宿泊ないしは日帰りで利用し、心身のケアはもちろん、授乳指導や育児相談などが受けられます。

利用できるのは、以下の条件すべてが当てはまる生後2ヶ月未満の新生児とそのお母さんに限られます。

利用条件

  1. 申請時・利用時ともに深谷市に住民登録があること
  2. 家族から家事や育児に関する、充分な援助が受けられないこと
  3. 出産後に体調不良や育児不安などの悩みがあること

ただし、上記を満たしていても、施設利用時に何らかの医療行為が必要な場合は利用できません。また、新生児のみの託児もできません。

利用できる施設

菊地病院 深谷市上野台371
桜ヶ丘病院 深谷市国済寺408-5
深谷赤十字病院 深谷市上柴町西5-8-1
深谷産婦人科医院 深谷市上野台3027-2
中島助産院 熊谷市大麻生422-1
平田クリニック 熊谷市肥塚4-205
さめじまボンディングクリニック 熊谷市太井1681

上記のうち、菊地病院・桜ヶ丘病院・深谷赤十字病院は、その病院で出産した人だけが利用対象です。また、深谷産婦人科医院は、他院で出産した方でも日帰りであれば利用可能です。

各施設の状況によっては、希望日に利用できないことがありますので、事前に確認が必要です

利用の申請や問い合わせは深谷市保健センターまで相談してみてください。

深谷市ハッピーエンゼル支援事業

不妊治療を受ける夫婦の医療費負担を軽減することを目的とした、深谷市の不妊治療費補助事業です。

10万円を限度に1年度1回、合計5年度まで治療費を補助してもらうことができます。

交付の条件は以下の通りです。

  • 治療開始日から補助金の申請時まで、深谷市の住民基本台帳に記録されていること
  • 市税を滞納していないこと
  • ほかの地方公共団体から、同種の補助を受けていないこと

申請は、治療終了日の属する年度末までに、必要書類を深谷市保健センターの窓口に提出する形で行います。

高耐震・高断熱はあたりまえ!
選べるデザイン豊富な
深谷市の注文住宅会社3選

選べるデザイン:10種

岡田工務店

岡田工務店キャプチャ

岡田工務店の
公式サイトはこちら

選べるデザイン:9種

アキュラホーム

アキュラホームキャプチャ

アキュラホームの
公式サイトはこちら

選べるデザイン:10種

岡田工務店

岡田工務店キャプチャ

岡田工務店の
公式サイトはこちら

選べるデザイン:6種

いのうえ工務店

いのうえ工務店キャプチャ

いのうえ工務店の
公式サイトはこちら