深谷で注文住宅を建てるなら おすすめの会社を紹介 » 家づくりで気を付けたいポイント@深谷 » ZEH住宅

ZEH住宅

ZEH

寒暖差の大きい深谷市では室内の温度を一定化できるZEHの注文住宅が注目されています。長く住む場所として、エネルギーを無駄に使うことなく快適にそして健康的に過ごせるため、ZEH住宅は大変魅力的です。

ここでは注文住宅建築をご検討の方のためにZEHについて、必要な理由や導入するための条件、補助金についてなどをご紹介します。

深谷の住宅でZEHが重要な理由

ZEH住宅とはネット・ゼロ・エネルギー・ハウスの略称。生活で使用するエネルギーを極力抑え、さらに太陽光発電等によって電力を用意することで、電力会社などからのエネルギー取得を必要としない住宅です。「省エネをしつつ、かつエネルギー自立ができる」これがZEH住宅の条件です。

ZEHにおける省エネとは、優れた断熱化・機密性・換気設備によって電力などのエネルギーを効率化させ、季節を問わず室内の温度を一定化させることです。夏の室内は涼しく、暑くなりがちな上の階と下の階の温度差もなく、エアコンを使わずに快適に過ごすことができます。

深谷市は関東地方の中でも寒暖差があり平均的に空調費が高い地域のため、このZEH住宅を選択することは大きなメリットがあります。

ZEHを導入するには?

深谷市で注文住宅を建てる際には、ZEHの導入を"最初"の設計段階で決めておく必要があります。補助金申請を認可されるためには、事前に導入設備や間取りを決めておく必要があるからです。ZEHの導入はあらかじめ決断しておきましょう。

ZEHを導入した住宅と認められる三つの要素は以下の通り。

断熱性能 優れた断熱材を使用し、夏は涼しく、冬は暖かく年中快適に過ごせる断熱性能が必要。外皮平均熱貫流率UA値が0.4〜0.6W/m2K以下。
省エネ性能 照明、空調、給湯、換気においてエネルギー消費量が通常より20%以上削減できなくてはなりません。
創エネ性能 太陽光発電システムなど、日常的・災害時に必要なエネルギーを作れる性能を持たなくてはなりません。

補助金でZEHを安く

現在日本では国土交通省、経済産業省、環境省の3省が連携してネット・ゼロ・エネルギー・ハウス推進に向けた取り組みをしています。

その取り組みの一つとしてあるのが補助金制度。2030年までに新築物件にZEH実現ができるよう導入支援を行なっています。

戸建住宅は70〜140万円、集合住宅は3〜10億円の補助金があります。ZEH導入には一般住宅と比較して建築費用も増すため、補助金を受けられるよう検討することをお勧めします。

ZEH住宅は今後ますます注目される傾向が予想され、現段階では補助金の予算が組まれていますが、どのように変化するかはわかりません。

国が推奨している今、補助金を活用して安くZEHを導入するチャンスかもしれません。

高耐震・高断熱はあたりまえ!
選べるデザイン豊富な
深谷市の注文住宅会社3選

選べるデザイン:10種

岡田工務店

岡田工務店キャプチャ

岡田工務店の
公式サイトはこちら

選べるデザイン:9種

アキュラホーム

アキュラホームキャプチャ

アキュラホームの
公式サイトはこちら

選べるデザイン:10種

岡田工務店

岡田工務店キャプチャ

岡田工務店の
公式サイトはこちら

選べるデザイン:6種

いのうえ工務店

いのうえ工務店キャプチャ

いのうえ工務店の
公式サイトはこちら