深谷で注文住宅を建てるなら おすすめの会社を紹介 » 家づくりで気を付けたいポイント@深谷 » 二世帯住宅

二世帯住宅

二世帯住宅設計のイメージ画像

義両親・両親、息子家族や娘家族と住むことが決まった場合、どのように家を建てれば失敗しないのでしょうか。

この記事では、二世帯住宅を建てる際に知っておきたい税金について、二世帯の間取り、気をつけたいポイントについて紹介しています。

二世帯住宅で受けられる補助金とは

二世帯住宅を建てる際に活用したい補助金には以下のようなものが挙げられます。

地域型住宅グリーン化事業

子育てしている家族が他の世代の家族とともに生活する、という条件のもと受けられる補助金として、地域型住宅グリーン化事業による補助金があります。環境へ配慮された木造住宅が該当するもので、家の性能により省エネ物件では最大で110万円、ZEHでは最大140万円など5分野に分かれています。

ただし、二世帯住宅でも「完全分離型の二世帯住宅は対象外」というような条件があるので確認が必要です。注文住宅を建てる際は、ハウスメーカーや工務店が地域型住宅グリーン化事業に参加、登録している会社なのか事前にチェックしておくと良いでしょう。

補助金の申請もハウスメーカーや工務店の担当となるため、積極的に二世帯住宅を設計している施工会社であればスムーズに手続等も進めてくれます。

すまい給付金

消費税の増加にともない住宅購入の負担も増加するため、一定の条件を満たしている場合のみ給付される補助金です。平成26年4月から令和3年12月まで実施されています。

年収775万円以下で住宅の床面積が50平方メートル以上であること、規定の住宅ローンを利用し、住宅そのものは第三機関の検査を受けていることといった条件をクリアすることで、補助金を受けらる制度です。申請する場合は、住宅取得者がおこなう必要がありますが、工務店やハウスメーカーによる代行も可能なので、こちらも相談をしながら確認すると良いでしょう。

二世帯注文住宅の設計のポイント

二世帯で暮らす場合、最初に決めるのは「完全分離」かそうでないかでしょう。

玄関を一つにするか二つにするかで、家を建てる際のコストが大きく変わるので注意が必要です。

必ず使うトイレ・浴室などが一緒だと、家族ごとに生活リズムが違った場合、ちょっとしたことがストレスの原因に繋がってしまいます。共有スペースの広さや生活サイクル、時間帯の違い、貴重品管理の場所など、小さなことでもすべて話し合っておくことが、完成後の生活を穏やかにする秘訣になります。

また、住宅を購入する前には購入の際の資金の負担割合についてもあらかじめ決めておくと良いでしょう。金額について一方が少しでもわだかまりを持ったままだと後々のトラブルのもとになる恐れがあります。しっかり双方が納得できるまで話あって決めることが大切です。

二世帯注文住宅の施工事例

岡田工務店

将来的に同居を考えている方へ向けた、セミ二世帯住宅です。明るく落ち着きのある暖色でまとめられた外観は、ウッドデッキが目を引くモダンなデザイン。内装は清潔感のある白が基調になっており、フローリングの木目調やキッチンパネルのオレンジを引き立てています。

二世帯住宅なので、もちろん機能性も重視して設計されています。家の中心にあるコミュニケーションスペース、日当たりの良いウッドデッキと繋がる和室スペースなど、家族全員がのんびり快適に過ごせる空間を実現。折り上げ天井と見せ梁を取り入れたリビングは、より広々と感じられます。

へーベルハウス

4階建ての二世帯住宅です。1階はガレージになっており、なんと6台分ものスペースを確保。脇には愛車を眺められるラウンジも設置されています。2階は親世帯の居住フロアに加えて、キッチンが併設されたパーティールームを設置。子供の誕生日会やママ友の集まりなど、様々な用途に活用できます。

3階と4階は子世帯の居住フロアです。木の温もりを感じさせる広いリビングやキッチン、適材適所に設けられた収納スペースにより、快適な暮らしを実現しています。

また、ホームエレベーターが設置されているので、昇降が負担にならないこともポイントです。

Life Box(ライフボックス)

2階建ての二世帯住宅です。1階は親世帯、2階は子世帯の居住フロアになっていますが、それぞれキッチンや水周りが分かれているので、双方が気兼ねなく生活できます。

1階には掘りごたつのある和室、カウンター付きの食器棚、造作のテレビボードや収納などを設置。シンプルかつ駄のないデザインにすることで、親世帯が快適に過ごせる空間を実現しています。

子世帯が住む2階でも、快適性を高める工夫が見られます。キッチンや書斎には造作の棚が設けられているので、収納スペースには困りません。和室スペースにはカウンターが設置されているので、書き物をする際に便利です。

アキュラホーム

親世帯が1階、子世帯が2階に住む完全分離型の二世帯住宅です。最大の特徴は、生活音に配慮して計画された間取り。1階と2階で浴室や寝室の位置をずらしているので、各世帯の生活リズムが異なっても生活音が気になりません。さらに、2階床下には4㎜厚の防音マットを敷説しているため、階下にテレビやオーディオの音が響きにくくなっています。

また、子世帯の夫婦は映画好きということで、吹き抜けのリビングにホームシアターを設置。防音性に優れた家なので、気兼ねなく映画を楽しむことができます。また、リビングにすっきり収まっているワインセラーも特徴的です。

高耐震・高断熱はあたりまえ!
選べるデザイン豊富な
深谷市の注文住宅会社3選

選べるデザイン:10種

岡田工務店

岡田工務店キャプチャ

岡田工務店の
公式サイトはこちら

選べるデザイン:9種

アキュラホーム

アキュラホームキャプチャ

アキュラホームの
公式サイトはこちら

選べるデザイン:10種

岡田工務店

岡田工務店キャプチャ

岡田工務店の
公式サイトはこちら

選べるデザイン:6種

いのうえ工務店

いのうえ工務店キャプチャ

いのうえ工務店の
公式サイトはこちら