深谷で注文住宅を建てるなら おすすめの会社を紹介 » 家づくりで気を付けたいポイント@深谷 » 断熱性の重要性

断熱性の重要性

深谷で注文住宅を建てる際には、断熱性に注意してください。なぜなら深谷は、全国平均に比べて夏と冬の寒暖差、昼と夜の寒暖差が大きいからです。快適な生活をする上でも、冷暖房効率を上げる上でも、断熱性を強く意識した家づくりをしましょう。

深谷の住宅で断熱性が重要な理由

夏は暑く冬は寒い、というのが深谷の気候の特徴。また、他の地域に比べると、昼と夜の寒暖の差が大きいことも深谷の特徴です。少しでも長く快適に暮らしていきたいという方は、深谷の気候的な条件を考慮した家づくりを行っていくことが大切です。

「夏は暑くて冬は寒い」「昼と夜の寒暖の差が大きい」という気候的なデメリットを克服するためには、少しでも断熱性の高い家づくりを検討してみてください。

断熱性が高ければ高いほど、夏には冷房効率が高くなります。また、冬には暖房効率が高くなります。断熱性の高い家であれば、昼と夜の寒暖の差も、さほど大きくは感じられなくなることでしょう。

深谷での家づくりの大きなポイントの一つが「断熱性」と考えておきましょう。

断熱性の高い家は冷房を節約できる

断熱性が高い家と聞くと、一般には「家の中の暖かい空気が逃げにくい」というイメージがあるかも知れません。

もちろん、そのイメージは正しいものです。ただし、断熱性の高い家の特徴は、それだけではありません。以下の4つの特徴を同時に持ち合わせるのが、断熱性の高い家と考えましょう。

  1. 冬には家の中の暖かい空気が逃げにくい
  2. 夏には家の中の冷たい空気が逃げにくい
  3. 冬には家の外の冷たい空気が入りにくい
  4. 夏には家の外の暖かい空気が入りにくい

冬の寒さにだけではなく、夏の暑さにも対応できるのが断熱性の高い家の特徴です。断熱性の高い家にすることで、冷暖房の効率が良くなるだけでなく健康面にも良い影響をもたらすことでしょう。

断熱性の高い家を選ぶ基準「UA値」とは?

深谷で快適な生活を送るためには、断熱性の高い家を作ることが大切。しかし、何をもって断熱性が「高い」「低い」と判断するのでしょうか?ここで大事になってくる数値が「UA値」というものです。

「UA値」とは、建物の外皮面積に対して建物全体から失われる熱量のこと。具外敵には次の計算式で表されます。

UA値 = 建物全体から失われる熱量/外皮面積

この数値が小さければ小さいほど熱が逃げにくい家、つまり「断熱性の高い家」と考えてください。

この「UA値」は、家の性能に直結する大事な部分。特に、寒暖差の大きい深谷で家づくりをする上では、非常に大きなポイントとなります。なお、十分な断熱性を担保する目安は「UA値0.6以下」と考えておいてください。

高耐震・高断熱はあたりまえ!
選べるデザイン豊富な
深谷市の注文住宅会社3選

選べるデザイン:10種

岡田工務店

岡田工務店キャプチャ

岡田工務店の
公式サイトはこちら

選べるデザイン:9種

アキュラホーム

アキュラホームキャプチャ

アキュラホームの
公式サイトはこちら

選べるデザイン:10種

岡田工務店

岡田工務店キャプチャ

岡田工務店の
公式サイトはこちら

選べるデザイン:6種

いのうえ工務店

いのうえ工務店キャプチャ

いのうえ工務店の
公式サイトはこちら