深谷で注文住宅を建てるなら おすすめの会社を紹介 » 家づくりで気を付けたいポイント@深谷 » 耐震性

耐震性

耐震

深谷市は地盤が強く地震が起こりにくい地域ですが注文住宅を建てるなら耐震性は重要ポイントです。ここでは深谷市の注文住宅における耐震性の必要性や最適な工法について解説いたします。

深谷の住宅で耐震性が重要な理由

深谷市は最短の活断層までの距離が35キロ以上、30年以内の地震確率が0.5%と比較的地震に強い地域です。また、表層地盤揺れやすさマップにおいても揺れにくい土地であることがわかっています。

しかし、どんなに地盤が強い深谷市でも建物自体の耐震性が弱くては意味がなく、地震で壊れない家を検討しなくてはなりません。

近年、日本全国で発生する震災は予想できない地域にも発生し、いつ何が起こるかわからない状況です。ですから、今後、注文住宅を建てる上で耐震性が重要であるのは全地域に当てはまり深谷市も例外ではありません。

大切なマイホームを建てるのであれば、耐震性に優れた家を建てるべきなのは当然と言えるでしょう。

耐震性の高い工法は?

耐震性の高い工法といえば鉄骨やRC造ですが、近年では木造の耐震性も高くなっています。

鉄骨はしなりや粘りがある材質で性能も安定しているため地震に耐える構造といえます。ただし建物自体に重さがあるため地盤の強さも必要になります。

RC造は鉄筋コンクリートで構成されており、鉄筋とコンクリートのそれぞれの良さで大変強度に優れています。ただし、建築費用が高いと言うデメリットがあります。

木造は軽くてしなやかなために揺れにくい構造です。また最近では建物の形状や大きさに合わせて必要な壁や床の数を算出する木造軸組工法スーパーストロング構造体が注目され、優れた耐震性も兼ね備えられるようになりました。メーカーによっては10年間の耐震補償を設けているのも人気を集めているポイントです。

耐震性の高い家を選ぶ基準「耐震等級」とは?

「耐震等級」とは住宅の耐震性能をランク付けしたものです。地震大国日本において耐震等級は大変重要なポイントであり、注文住宅を建てるにあたり、この耐震等級は家を建てる人が決められます。

耐震等級は等級1・等級2・等級3の3段階で各等級の建物強度は以下の通り。

等級1 震度5程度(数十年に一度程度発生)では建物損傷はない
震度6〜7程度(数百年に一度程度発生)での倒壊や崩壊はない
ただし、建築基準法ギリギリの場合は損傷を受けるリスクがある。
等級2 等級1の1.25倍の地震に耐えられる(病院や学校など)
等級3 等級1の1.5倍の地震に耐えられる(消防署や警察署など)

高耐震・高断熱はあたりまえ!
選べるデザイン豊富な
深谷市の注文住宅会社3選

選べるデザイン:10種

岡田工務店

岡田工務店キャプチャ

岡田工務店の
公式サイトはこちら

選べるデザイン:9種

アキュラホーム

アキュラホームキャプチャ

アキュラホームの
公式サイトはこちら

選べるデザイン:10種

岡田工務店

岡田工務店キャプチャ

岡田工務店の
公式サイトはこちら

選べるデザイン:6種

いのうえ工務店

いのうえ工務店キャプチャ

いのうえ工務店の
公式サイトはこちら