深谷で注文住宅を建てるなら おすすめの会社を紹介 » 家づくりで気を付けたいポイント@深谷

家づくりで気を付けたいポイント@深谷

断熱

深谷は、夏と冬の寒暖差が大きい地域です。なおかつ、昼と夜の寒暖差が大きい地域でもあります。よって深谷市内で長く快適に暮らしていくためには、地域的な気候の特徴を考慮し、断熱性の高い家づくりを意識することが大切と考えてください。

断熱性の高い家とは、言わば、一年を通して屋内の温度の変化が小さい家のこと。断熱性を高めれば、屋内の気温は外気の影響を受けにくくなります。その結果、冷暖房効率が上がって節電になったり、健康的にも良い影響をもたらしたりなどすることでしょう。

断熱性の高さを判断する基準として「UA値」という数値があることも覚えておいてください。

断熱性の重要性について詳しく読む

耐震

深谷市の地盤は強固であると言われていますが、地震の影響がないということはありません。埼玉にもまた、全国のあらゆる地域と同じように数多くの活断層があります。まだ確認されていない活断層も、たくさん潜在していることでしょう。

今や日本のどこに住んでいようとも、大地震への備えは不可欠です。大地震は来ない、と長く信じられてきた熊本や中国地方。これら地域で発生した大地震を、私たちはしっかりと教訓にしなければなりません。

これから注文住宅を建てる方は、地震への対策を十分に行っておくことが大事です。可能であれば、阪神・淡路大震災の約1.5倍の耐震強度と言われる「耐震等級3」を検討してみてください。

耐震性の重要性について詳しく読む

ZEH住宅

ZEH住宅とは、太陽光発電で作った自家エネルギーで生活ができる家のこと。厳密な意味での「太陽光発電システムのみで生活できる家」を指している訳ではなく、おおむね自家発電で生活ができる家のことを指して、ZEH住宅と言います。

政府の省エネ政策の一環としてZEH住宅は推奨されているため、基準を満たしたZEH住宅を作った施主は、国から補助金をもらうことができます。

全国的に推進されているZEH住宅制度ですが、太陽光発電を前提とした家であることを考えると、とりわけ深谷市にはありがたい制度と言えます。なぜなら深谷は、全国815市区のうち日照時間が85位とトップクラスだから。ぜひZEH住宅で、地域的な長い日照時間を活かしていきましょう。

ZEHについて詳しく読む

二世帯住宅

二世帯住宅は、家主世帯のほかに両親・義両親、息子世帯・娘世帯などが一緒に生活をする住宅のこと。

日本には、子育て世帯を支援する他の世帯が同居することを条件に「地域型グリーン化事業の補助金」が受けられるようになっています。すまい給付金も条件があえばもらえます。補助金の詳細や二世帯住宅を設計する際に気をつけたいポイントなどをあわせて紹介しています。

二世帯住宅について詳しく読む

購入の流れ

資金計画や施工会社探し、契約、引き渡しまで様々な過程を経て、世界にひとつだけの住宅を手に入れることができます。しかし、煩雑化された過程は分かりにくいものです。

的外れな流れのなかで住宅の購入を行うと、ただでさえ長い期間をかけて建設するマイホームに、無駄な時間を費やすことになります。

そこで、注文住宅を購入する際のプロセスを分かりやすく紹介し、スムーズに完成した住宅の引き渡しまでたどり着く手助けをします。

購入の流れについて詳しく読む

セミオーダーとフルオーダーの違い

注文住宅には完全自由に住宅設計ができる「フルオーダー住宅」と一部規定はあるものの間取り等の設定ができる「セミオーダー住宅」があります。

多くの建設会社は、自由度が高く豊富な知識を要するフルオーダー住宅よりも、既存の構造からオーダメイドできるセミオーダー住宅を取り扱っています。

セミオーダーとフルオーダーの違いの流れについて詳しく読む

高耐震・高断熱はあたりまえ!
選べるデザイン豊富な
深谷市の注文住宅会社3選

選べるデザイン:10種

岡田工務店

岡田工務店キャプチャ

岡田工務店の
公式サイトはこちら

選べるデザイン:9種

アキュラホーム

アキュラホームキャプチャ

アキュラホームの
公式サイトはこちら

選べるデザイン:10種

岡田工務店

岡田工務店キャプチャ

岡田工務店の
公式サイトはこちら

選べるデザイン:6種

いのうえ工務店

いのうえ工務店キャプチャ

いのうえ工務店の
公式サイトはこちら